LOFT

世界のあらゆるシネフィルが息を呑むであろう美しい画、その中になんの違和感もなく溶け込む中谷美紀の「綺麗」、ノースリーブのワンピースから伸びる二の腕のなまめかしさ、艶やかさ。

時を追うにしたがって観客の知覚攻撃を加速する異様な物語、唖然とさせられるキャラクター、西島秀俊、豊川悦司、そしてこれをみてこの女優に対する考え方を一変させられてしまった安達祐美。

これでもかと繰り出される幸福な映画の記憶、ケレンは、幼少から今まで、「映画オタク」と世間の嘲笑を受けながらも、映画を真剣に見続けてきて「よかった」と思わせてくれる。

これは、限りなく美しく限りなく恐ろしいにもかかわらず爆笑するシーンがそれこそいくつもあり、絶対に映画史的に正しく、しかも徹底的に観客に向けて作られたエンタテイメント作品である。

私は、推す。http://blog.goo.ne.jp/hke1120/e/a86d9945ba4a89140cb3692efc7d97f7
http://blogs.yahoo.co.jp/alyinv/trackback/1035775/41495656
http://www.mypress.jp/v2_writers/oohashi/story/?story_id=1493987
http://blog.goo.ne.jp/d-muto/e/114c89393dcb8eb47c5e655a9b5b5e8d
http://blog.livedoor.jp/beyonceyou/archives/50556104.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

91.LOFT ロフト
Excerpt:           黒沢清監督、3年振りの長編映画。予告編がとても面白そうで気に入って見に行ったのだが・・・
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-10-15 23:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。